2014年10月18日

このディスクにWindowsをインストールすることはできませんの対処法

OS(Windows8.1)の再インストールを試みたところ、下記のようなメッセージが表示されて、再インストールすることができなくなりました。

「このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクにはMBRパーティションがあります。EFIシステムでは、GPTディスクのみにWindowsをインストールできます。」

私のPCはCドライブにOS、Dドライブにデータを入れています。

OSの再インストールは下記の手順で行いました。

(1)DVDドライブにOSのディスクをセット
(2)DVDドライブからブート
(3)OSのインストールメニューでCドライブをフォーマット
(4)Cドライブに再インストールしようとしたところ、例のメッセージ


いやいや、さっきまでOSが入っていたドライブに再インストールできないなんてありえないでしょう?
もしできなかったら、Dドライブのデータはどうなるんだと結構焦りました。

もう一度、メッセージを読み直します。

「このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクにはMBRパーティションがあります。EFIシステムでは、GPTディスクのみにWindowsをインストールできます。」

何を言ってるのか全然分からない。
分からなければGoogle先生に聞ければいいじゃない。

検索を進めると対処法が見つかりました。

Shift + F10を押して、コマンドプロンプトがなんちゃら。

何その面倒くさそうなの?

diskpart?それ食べられるの?

MBRをクリア!? なんかDドライブのデータが消えそうで嫌です(適当言ってます)

なんとかして、そんな面倒なことをせずに、OSを再インストールしたい。
メッセージの内容はよく分からないけど、どうやらEFIシステムとやらが問題らしい。

EFI?EFIってもしかして、UEFIのことかな?

そういえば、マザーボードを買った時にUEFI対応みたいなことが書いてありました。
でも使った記憶がありません。

ここでもう一度メッセージを読み直します。

「EFIシステムでは、GPTディスクのみにWindowsをインストールできます。」

つまり、EFIシステムを使わなければ、インストールできるということです。

ブートメニューを確認すると下記の3つがありました。

HDD
UEFI DVDドライブ
DVDドライブ


そして、UEFI DVDドライブが1stブートになっています。
表示されている2つのDVDドライブは同じものなのですが、UEFIを選択すると、新しい方式(EFIシステム)でOSをインストールするようです。
これが再インストールができなかった原因です。

もしこの記事を読んでいて、下記に当てはまる方はBIOSのブートメニューをチェックしてみることをオススメします。

・OSを再インストールしようとしただけなのに例のメッセージが表示される
・UEFIでOSをインストールしたことがない(インストール時のHDD情報にMBRパーティションがある)


そして、UEFI DVDドライブが1stブートになっていたら、何も書いてない方のDVDドライブを1stブートにして、OSの再インストールを試してみてください。
この方法は、Windows8だけでなくWindows7でも共通です。

posted by Elin Sorcerer at 21:33| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: